那須塩原の餃子専門店…“亀”さん!なんて読むの?

ひろまる

こんにちは!食いしん坊担当になりつつあるにゃこです(*^-^*)

今日ご紹介するのは珍しい餃子の専門店です。移住してからおいしいご飯屋さんを探していますが、こちらのお店もずいぶん前からチェックしていました。でもなかなかタイミングが合わず(定休日とか営業時間など)今回やっとおじゃまできました(^o^)丿

いやいや…これなんて読むの??ですよねー。笑

お店の看板にはちゃんとふりがながついてました♪『餃子 亀(たから)』さんです!

分水通りのすき家の反対側にありますが、道路から見えるような看板はありません。店舗前の駐車場も3台分のみ。なかなか入るのにはハードル高めかも。

この日はその3台分の駐車スペースに1つ空きが!!というわけで無事駐車しました(^_^)v

車を降りて店内を覗くと満員!期待は高まりつつ落ち着いて順番を待ちます。

しばらく待っている間にも次々とお客さんが並んでくるー。1番手で並べたのはタイミング的に良かったのかも。

15分くらい待ったかな?入り口を入ってすぐの席に着席♪店内はL字のカウンターのみで、中では元気なお母さんが一人汗だくで調理していました。お母さんのタイミングでオーダーを聞いてくれるので焦らずに待ちましょう(^▽^)/

こちらがメニュー シンプルかつ安い!!ライスの量のバリエーションがすごい(・∀・)

ひろまると相談して決めたオーダーは“焼き餃子×2・水餃子1・ライス1・半ライス1”。

オーダーしてからまず水餃子用にショウガをすりおろしてくれます。すりたてなんて香りがよくて贅沢~と思っていたら・・・今度は餃子を包み始めました。Σ(・ω・ノ)ノ!

うちと同じタイミングで入店されたお客さんのオーダーも聞き、まとめて包みます。作り置きしてないところにこだわりを感じますね(*^-^*)

こちらが先に到着した『水餃子』手前にある小皿にすりたてショウガがのってるんですが…卓上の紅ショウガものせてしまって見えませんね・・・(;´д`)

水餃子のスープは薄めなお味なので、卓上の調味料を入れてみても良いかも♪

ショウガ、紅ショウガとともにいただくとめちゃおいしいです♫

そしてこちらが『焼餃子』。カリカリ羽根つきのいい焼き具合!

焼餃子も水餃子も餡は同じで、野菜がたっぷり入っています。アツアツでジューシー(#^^#)ごはんが進みます!

普通盛りのライスは結構ボリュームがあるので餃子をたくさん食べたい方はたくさんあるライスのメニューから量を選んでオーダーしてくださいね(^_^)/

ワンオペで忙しいお母さんのために食べ終わったら食器はカウンターの上へ置き、備え付けのふきんで自分の席をきれいに拭いてあげましょう(*^-^*)

ドキドキしながらおじゃました『餃子亀(たから)』さん。汗だくでワンオペ営業されていながら笑顔を絶やさない店主のお母さんが頑張る素敵なお店でした!ごちそうさまでした!また寄らせていただきますね(*^-^*)

みなさんも是非すりたて!包みたて!焼きたて!の餃子専門店へ行ってみてください(^▽^)/

餃子 亀(たから)

〒325-0027 栃木県那須塩原市共墾社79−5

電話番号 0287-62-1469

定休日:日・月・火と祝日

営業時間:11:30~15:00

食べログページはコチラ 餃子 亀(たから)食べログ

ABOUT US
ひろまる&にゃこ
ひろまる&にゃこ
那須移住2年目
2022年秋に東京から那須(那須高原)に移住した『ひろまる』と『にゃこ』です。のんびり田舎暮らしがしたいという願望を持ちながら実行に移せず、毎日移住系YouTubeを観て癒やしを求める。移住者(軽井沢)の家にお邪魔したことをきっかけに、移住熱が高まり、物件探しから2ヶ月で那須に移住。田舎暮らしに移るきっかけや背景、目的(理由)、期待、不安。移住の良し悪し、移住後の生活、那須のいろいろをお伝えしながら、那須の良さを知ってもらい那須に移住する人が増えてくれることを願って・・・
記事URLをコピーしました