物件探し

第5話:那須のハーフビルドホーム

ひろまる

はじめての物件探しの旅を終え、東京に戻る。那須を中心にインターネットで物件検索を継続。東京の賃貸物件のように、不動産検索サイト(SUUMO、HOME’S、アットホーム、Yahoo!不動産等)に掲載されていない物件が多く、地元の不動産会社を探して、それぞれのホームページをに掲載されている物件を吟味。

ひろまる
ひろまる

思いつくキーワードのGoogle検索で不動産会社や物件がヒットすればいいけど、これが思うようにいかず苦戦。地味に大変

そんな中で“半分 自分で 作る家” ハーフビルドホーム にたどり着く。是非、ホームページをみて欲しいのですが、とても素敵な家が建てられます。那須に移住してから車で移動するとハーフビルドホームで建てたと思われる家を見かけるが、やっぱり素敵。今でもトキメキが残っています。

“半分 自分で 作る家”ってなに?ホームページに詳しく載っていますが、簡単に説明すると設計や基礎、重機を使うような専門的な部分はプロに任せて、素人でも頑張ってできるところはハーフビルドホームの指導を受けながら自主施工(=ハーフビルド)するサービス。中古物件だと、どうしても気に入らない部分が出てくる。自分が気に入った土地を買って、好きなように家を作る。しかも自分で作るから愛着も湧くし、住み続けていくための住宅メンテナンスもある程度は自分でできる。

ひろまる
ひろまる

ハーフビルドという考え方にグイグイと引き込まれ、すぐにオンライン相談の予約!

もちろん現地で直接相談も可能(予約必須だと思います)。社長自ら、丁寧に相談に乗っていただきました。

相談結果
  • ハーフビルドを申し込んでも施工開始できるのは2年以上先(オーダーが多く対応できない)
  • 円安やウッドショックの影響で建築価格が高騰
  • どういう家を作りたいかやビルドプランにもよるが、建物だけで2,500~3,000万円程度の予算が必要
  • 今後も建築価格は上昇していくかもしれない
那須の中古物件の状況も教えてくれました
  • コロナ禍以降、那須の中古物件が飛ぶように売れたため、現在中古で良い物件がほとんど無い。出てきても、良い物件はすぐに売れてしまう
  • 那須の中古別荘で築年数が20年以上の物件は無断熱住宅(夏の避暑目的だけで建てた別荘)が多い
  • 土台や柱などの構造も湿気で痛んでいることが多く、長期に住むためには大規模な構造改修と断熱改修が必要なケースがあるので注意が必要(安いからと安易に飛びついてはダメ)
ひろまる
ひろまる

2年以上先と聞いてハーフビルドは諦めました。でも、いつかはハーフビルドに挑戦したい!

気を取り直して、というよりは横道に逸れた考えを軌道修正して物件探しはつづく・・・

(次回)第6話:物件の希望条件を整理。憧れの古民家も移住候補にいれてみた

あわせて読みたい
第4話:那須の中古物件を比較検討
第4話:那須の中古物件を比較検討
移住のあれこれ
記事リスト
ABOUT US
ひろまる&にゃこ
ひろまる&にゃこ
那須移住2年目
2022年秋に東京から那須(那須高原)に移住した『ひろまる』と『にゃこ』です。のんびり田舎暮らしがしたいという願望を持ちながら実行に移せず、毎日移住系YouTubeを観て癒やしを求める。移住者(軽井沢)の家にお邪魔したことをきっかけに、移住熱が高まり、物件探しから2ヶ月で那須に移住。田舎暮らしに移るきっかけや背景、目的(理由)、期待、不安。移住の良し悪し、移住後の生活、那須のいろいろをお伝えしながら、那須の良さを知ってもらい那須に移住する人が増えてくれることを願って・・・
記事URLをコピーしました